旦那は大好きだけれでも、大きな問題もありました

私の元旦那がいつも自身の事を精神面で助けてくれてたので誰にも負けないところだと思います。身長は私と背丈が近くてお顔も端から見たら良いとは思えないと思いますが、心はとても素敵な方でした。私が悩み苦しんだ分、主人は違う意味で自身の身体を傷つけていました。私の痛みを身体で共感するような所があり、今思うと異常な方だったと思います。周りの方とは違う形で私の事を想う事、身体を傷つけてまで相手を想うのはしてはいけないことと伝えても、愛情を主人は知らない人でしたので形が違う愛情もあること、人生で初めての経験でした。

借金が多くて、このままいけば自己破産!でも愛情が大事!

まさに、義父の保証人となっていた主人でしたので私にもきちんと当時は伝えていました。何千万の金額を返してる事も知った上で結婚しましたし、私には「働けば返せる」をモットーにいつも朝から夜遅くまで働いていました。土日は、休みとしていましたが、週末はお昼から出勤し夜中まで働いていましたね。給料明細は3年の結婚生活の間は一度も見たことはなく、「無い」と言い張るばかりで、通帳もないと言っていた主人です。信じれるものが何一つない、当時の面影のゆがんだ愛情も何を信じたらよいか分からない。借金があるから別れた訳ではありません、むしろ借金を表沙汰にしない主人でしたし、心一つで別れを決めた私です。私は借金だけでは、別れを決める事はないですね。愛情だけでは暮らしてはいけませんが、愛情なくして一緒に居る意味はないと思っています。

借金があったら打ち明けます。裁判で弁護士に依頼をする事になるかもしれないので

打ち明けます。必ずどこかのタイミングで知ることだと思いますし、これから先の事を一緒に歩む相手でしたら伝えます。受け入れてくれないとすればそれまでだと思いますが、自身で返すという意思を必ず見せなければ結婚するお相手は自分を信じてくれないと思います。そこで、お相手が一緒に返そうとおっしゃって下されば本当の愛だと思います。お金は一生ものです、大事に使う溜めるといったことが出来なければ子供を授かった時、老後等もありますので誓い合ったお相手ときちんと話合うべきだと思います。小さな嘘でも日を過ぎると言いにくくなるのも事実です、誠心誠意で伝えます。